2014年05月13日

Windows8.1のセキュリティーソフト・・・Windows Defender

自作のデスクトップマシンでもWindows8.1を利用していますがウィルス対策はMicrosoft謹製のWindows Defenderを使用しています。
Windows8.1のタブレットパソコンを購入したのと、Windows7のノートパソコンでは、Microsoft Security Essentialsを利用していましたので、Windows Defenderとの違いを調べてみました。

Windows8からはWindows Defenderのみでウィルス対策ができる様になったみたいです。
Microsoft Security Essentials Windows 8.1, Windows RT 8.1 Windows 7 Windows Vista Windows XP Windows 8.1, Windows RT 8.1 Windows 8.1, Windows RT 8.1 Windows 7 Windows Vista Windows XP
--------------------------------------------------------------------------------

Windows 8.1, Windows RT 8.1
Windows 8.1 と Windows RT 8.1 では、Windows Defender によって、Microsoft Security Essentials と同レベルのマルウェア対策が提供されます。Windows 8 と Windows RT では、Microsoft Security Essentials は使用できません、Windows Defender が搭載されていて、すぐに使用できるようになっているため、Microsoft Security Essentials を使う必要はありません。

市販のウィルスソフトと比較してウィルスの検知制度がイマイチとの声もありますが、純正なので安心して使用できます。

posted by bourbon at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。