2014年08月15日

「wheezy」をUSBメモリにインストール

今まで「Squeeze」をUSBメモリにインストールして使用していました。
久々にDebianのサイトを見たら「wheezy」が昨年リリースされていました。

夏休みで時間があるので、アップグレードをする事にしました!
/etc/apt/sources.listの「squeeze」を「wheezy」にviエディターを使って一括変換しました。

その後、「apt-get update」、「apt-get upgrade」、「apt-get dist-upgrade」を行い最後まで来たところでパソコンがダウンしました…

その後、コマンドラインは立ち上がりますが、私の技量では不具合解消が出来ません。
仕方が無いので、新たに「wheezy」のイメージファイルをダウンロードして新規インストールしました。

私のCPUはインテルなので、i386を選択します。
サイトには複数のファイルがありますが、No1のイメージファイルのみで大丈夫です。
足りないファイルは自動的にダウンロードされます。
結構時間がかかりましたが、「Squeeze」からのアップグレードより短時間でインストールが完了しました!

GNOMEのデスクトップ環境が一心されたので慣れが必要です。
また文字入力の変更方法が今までと異なるので少し手間取りました。
(今までは、「Ctrl」+「space」の同時押しで変更していましたが、今回からは「半角/全角」キーを一つ押すだけで文字入力の変更ができます)

使用したUSBメモリは8GBでしたが、3GB程度の空き容量が有ります。
感動したのは「ntfs」でフォーマットしたUSBメモリが読み書き出来る事です。

ちなみにこの記事は「wheezy」で書きました。
利便性が上がったので、これからはもっと利用したいと思います。

posted by bourbon at 10:06| Comment(2) | TrackBack(0) | Debian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

久々にDebianでThinkPad X230を起動

先日、購入したLenovo X230でDebianを起動しました。

Debianは8GBのUSBメモリにインストールしてあるので気が向いた時にUSBメモリからOSを起動しています。
注意点はBIOSでBootする順番をUSBメモリにするだけです。

ThinkpadだとUSBメモリを本体に刺してから「F1」キーを押してStartupのBootの項目で確認します。

久々に起動したので、アップデートが凄い量・・・。
結局1時間半もかかってしまいました。

次回からはもっと頻繁に起動をしてアップデートをしておかないと使えませんね・・・。

今回はX230でも以前USBにインストールしたDebianが起動するかが目的でした。
特に問題なく起動したので良かったです。

posted by bourbon at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Debian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

Debian6.0 squeezeの無線LAN設定・・・Thinkpad T43

Thinkpad X61で無線LAN接続に成功したので、次にThinkpad T43の内蔵無線LANにチャレンジです。
既にX61で設定は完了しているので、そのままThinkpad T43でも内蔵無線LANが作動すると思ったのですが、デバイス自体も認識していない様子です(^^ゞ

Thinkapad T43の内蔵無線LANで使用しているデバイスは「IntelR PRO/Wireless 2200BG」です。

Thinkpad X61の時に確認したこのページを見るとドライバーがあります。
ちなみにThinkpad X61の内蔵無線LANの設定方法はここにあります。

どうもドライバーがThinkpad X61と異なるので、「IntelR PRO/Wireless 2200BG」のドライバーを追加しました。

<実際に行なった設定>
既にThinkpad X61の設定で「IntelR PRO/Wireless 2200BG」のファームウェアー以外の設定は完了しているので、以下のコマンドだけを実行しました。
再起動後に、Thinkpad T43の無線LANが作動するようになりました(^_^)v

# aptitude install firmware-ipw2x00
以下の新規パッケージがインストールされます:
firmware-ipw2x00
更新: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
522 kB のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 1,270 kB のディスク領域が新たに消費されます。
取得:1 http://ftp.us.debian.org/debian/ squeeze/non-free firmware-ipw2x00 all 0.28 [522 kB]
522 kB を 5秒 秒でダウンロードしました (91.5 kB/s)
パッケージを事前設定しています ...
未選択パッケージ firmware-ipw2x00 を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 121055 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../firmware-ipw2x00_0.28_all.deb から) firmware-ipw2x00 を展開しています...
firmware-ipw2x00 (0.28) を設定しています ...

<無線LAN設定>
X61の内蔵無線LAN設定と合わせて考えると、以下の方法を使えばT43でも最初から内蔵無線LANの設定ができると思います。
・スーパーユーザーになって書き換えを可能なユーザーになります。
・「/etc/apt/sources.list」に「deb http://ftp.us.debian.org/debian squeeze main contrib non-free」を最後に追加
・以下のコマンドを実行
# aptitude update
# aptitude install firmware-ipw2x00 wireless-tools
# modprobe iwlagn
# iwconfig
# ifconfig wlan0 up

・その後、再起動

<余談>
実際には以下のコマンドを実行した後のメッセージから、今回の方法を行ないました。

# aptitude install ipw2200
"ipw2200" にマッチするパッケージは見つかりませんでした。
しかし、以下のパッケージ説明に "ipw2200" が含まれています:
firmware-ipw2x00
"ipw2200" にマッチするパッケージは見つかりませんでした。
しかし、以下のパッケージ説明に "ipw2200" が含まれています:
firmware-ipw2x00
インストール・削除・更新されるパッケージがありません。
更新: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
0 B のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 0 B のディスク領域が新たに消費されます。

このメッセージで「ipw2200」のインストール方法が判りました(^_^)v

posted by bourbon at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Debian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

Debian6.0 squeezeの無線LAN設定・・・Thinkpad X61

Thinkpad X61に内蔵さてている無線LANをインストールしたDebian6でも使えるようにしました。

Debian6をインストールした状態で無線LANは使用できませんでした。
内蔵無線LANで使用しているデバイスは「インテルR Wireless WiFi Link 3965ABG」です。

一応無線LANのデバイス自体は認識している感じでしたが自宅のアクセスポイントへの接続設定を行っても作動しません。
試行錯誤しましたが、接続できません。

ここのサイトを見るとLinuxのドライバーがありました。
色々検索した結果、Debianのwikiに対応方法が掲載されていました。

<無線LAN設定>
行った事はwikiに記載している「Squeeze」のインストール方法をそのまま試しました。

・スーパーユーザーになって書き換えを可能なユーザーになります。
・「/etc/apt/sources.list」のファイルの最後の行に「deb http://ftp.us.debian.org/debian squeeze main contrib non-free」を追加
・以下のコマンドを実行
# aptitude update
# aptitude install firmware-iwlwifi wireless-tools
# modprobe iwlagn または # modprobe iwl3945
# iwconfig
# ifconfig wlan0 up

※次にwifiを利用する「NetworkManager」をインストールをするように記載されていましたが、既にDebian6をインストールした時に入っていたものを使用しました。

・その後、再起動

以上で無線LANが作動するようになりました(^_^)v

posted by bourbon at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Debian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

Debian6.0 squeezeをUSBメモリからUSBメモリにインストール

先日Ubuntu10.10をUSBメモリからUSBメモリにインストールができたので、同じ方法を使ってDebian6.0をインストールしました。
Debianに関する情報はここで確認して下さい。

Ubuntu10.10と同じ様にDebianのLiveをUSBメモリにインストールしましたが上手く日本語表示ができませんでした。
結果的には日本語フォントを入れることで日本語表示が化けずにインストールができました(^_^)v

<概略>
DebianのLiveの入ったUSBメモリで最初に立ち上がる表示で「Text Install」を選択します。
インストールが終了した後に再起動をすると全ての日本語が文字化けしますので、パッケージマネージャーから「scim」と「scim-anthy」をインストールして再起動すれば日本語表示もバッチリ表示されます。

※注意 その1
Debian Liveを起動してからUSBメモリにインストールするとパッケージマネージャーが導入されず?、結果的に「scim」と「scim-anthy」が見つからない状態となります。
この問題を解消するのが凄く大変でした(^^ゞ

概略の通り、「Text Install」を選択してDebianをインストールすればパッケージマネージャーも導入されるので「scim」と「scim-anthy」が簡単にインストールでき日本語表示ができます。

※注意 その2
手間がかかりますが、最初にDebian Live(表示は英語のみ)を起動させてパッケージマネージャのある位置を覚えて下さい。
「Text Install」をしても最初に起動すると日本語は文字化けしてしまいます。
パッケージマネージャのある場所を覚えておくと文字化けしたメニューでもパッケージマネージャの場所を容易に特定する事ができると思います。

※注意 その3
Debianのインストール時には使用するパソコンのハードディスクは取り外し、USBメモリだけとした方が良いかもしれません。
理由は、間違ってハードディスクへインストールしデータが削除されることを防止するためです。

<用意する物>
・2GBのUSBメモリ・・・Debian Liveのイメージファイルを書き込み用
・8GBのUSBメモリ・・・Debianのインストール用
・Debian6のイメージファイル

<インストール方法>
(1) ファイルの用意
ここをクリックしてDebianのサイトからイメージファイルをダウンロードします。
ファイルは「お試し用 Live CD (Squeeze LiveCD)」を選択しました。
このファイルは1GB以上あるので、イメージファイルを書き込むメディアは2GB以上のUSBメモリであれば大丈夫です。

(2) USBメモリへの書き込み
ダウンロードしたイメージファイルを「DDforWindows」を使って、Debian Liveが起動できるUSBメモリを作ります。
DDforWindowsの詳細はここで確認して下さい。

5GB以上のUSBメモリでも大丈夫そうですが、私は8GBのUSBメモリを使用しました。

(3) インストール
・パソコンに有線LANを接続します。
・パソコンのハードディスクを外します(データ削除防止のため)
・インストールするUSBメモリとDebian Liveの入ったUSBメモリをパソコンに挿してDebianを起動します。
・ブータブル化したUSBでDebianを起動し、最初の画面で「Text Install」を選択します。

その後は、画面の指示に従って進めばDebianがUSBメモリにインストールできます。

(4) 日本語表示
LANを接続した状態で、日本語表示が文字化けしたDebianの画面で「パッケージマネージャー」を起動します。
パッケージマネージャーの検索画面で日本語フォントの「scim」と日本語入力の「scim-anthy」をインストールします。

(5) 再起動
「scim」と「scim-anthy」がインストール後にパソコンを再起動します。
日本語が文字化けせずに表示されます(^_^)v

インストール後に確認したパソコンはThinkpadのT43とX61です。
両方とも日本語表示もできました。

有線LANは両機種とも作動しますが、無線LANが作動しないので、勉強をして作動させたいです(^_^)v


posted by bourbon at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Debian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。