2010年12月19日

GIPM画像の印刷方法・・・Windowsの機能で印刷

この時期にGIMPで年賀状の画像を作成している方も多いと思います。

私はネットに写真を掲載したりするのにGIMPを使用していますが、用紙への印刷は今の時期だけです。
いつもGIMPで加工した画像ファイルを印刷するのに四苦八苦します。

私の知識だと、GIMPは素晴らしいソフトですが、印刷関係が弱い感じがします。
GIMPから直接印刷をすると、どこかが欠けたりして上手く用紙に納まりません・・・。

いつも私が使っている方法は、GIMPで加工した画像を「jpg」ファイルで保管してWindowsの標準ソフトの「画像とFAXビューアー(XP)」、「フォトギャラリー(vista)」、「「Windows Liveフォトギャラリー(7)」から印刷しています。

要はWindowsの機能に任せて印刷しています。
この方法だと作成したイメージ通り、しっかり用紙に収まります。
GIMPの印刷で苦労されている方は一度試してみるのも手かもしれません。

posted by bourbon at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

WindowsXPでの「.mts」ファイルの再生方法・・・VLC media player

AVCHD撮影された動画で「.mts」の拡張子となるファイルの動画を再生できるフリーソフトです。

AVCHDとはハイビジョン映像をビデオやカメラで記録するための規格の一つで、パナソニックやソニーで採用されています。
このファイルはWindows7では標準で再生できますが、Windows vistaやWindowsXPでは再生できませんでした。

動画再生は全方位ほぼ万全だと思っている「realplayer」でも再生ができませんでした。
「realplayer」のプラグインも探しましたが、探せませんでした。
で見つけたのが「VLC media player」です。

この公式サイトからダウンロードします。

インストールは日本語を選べますので特に難しいことは無いと思います。
インストールが完了すれば、「.mts」ファイルの再生ができます。

やっぱりハイビジョン映像は凄くキレイに見れます。

posted by bourbon at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

Webページの画面全てをコピーできるFireFox Addonソフト・・・Screengrab!

パソコンの画面に映っている画面をコピーする場合は、「プリントスクリーン」とかで対応できますよね。

でもスクリーン外の画面をコピーするには大変です。

そこでFireFoxですがAddonソフトの「Screengrab!」が重宝します。
スクリーンに映っていない画面もコピーできます。

ここをクリックすればダウンロード出来ます。

このサイトからダウンロードしたファイルを実行すればインストールが完了し、Firefoxの右下にインストールされた証が表示されます。
↓インストールされた証(右側のアイコンです。左側はietabをインストールすると表示されます。)
インストール.jpg

このソフトは全画面コピー以外にも、フレームのみとか色々なコピーの方法があります。
使い方は簡単です。

お好みをクリックしてから、画像ソフトを立ち上げた後にペーストするだけです。

↓は「Screengrab!」で取得したWebページです
画面以外の箇所もしっかりとファイルに取得できます。
スクリーングラブ.jpg

↓はプリントスクリーンで取得したWebページです。
画面で見えている場所しかファイルにできません。
normal.jpg

このプラグインソフトは凄く便利です!!
特にWebページの操作マニュアル等を作成する場合等は利用価値が高いと思います。

posted by bourbon at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

googleマップにピンを立てる方法・・・nuvi205

ガーミンのヌビ205を使用していますが、行く場所の検索が思い通りに行かない場合が多いです。
ヌビ205はパソコンと連携して、お気に入りの場所を登録する機能がありますので、事前にgoogleマップで行く場所を調べてヌビのお気に入りに登録すれば簡単に行く場所を指定できます。

ヌビとパソコンをUSBケーブルで接続します。
googleマップで住所指定等でピンを立てます。
立ったピンをクリックして「その他」-「送信」として、「ナビメーカー」を選んで「Garmin」を選んで転送します。
恐らく、この送信のナビメーカーにある機種ならピンの場所が送信できるのだと思います。
但し、Firefoxのウェブブラウザーの場合は、「CommunicatorPlugin」のプラグインを求められますので、そのままインストールします。

これが一番簡単なお気に入りの登録方法です。

でもピンが立たない場所に行きたい場合もあります。
この時は、行きたい場所をクリックして、「ここを地図の中心にする」を選択します。
次に「∞リンク」をクリックすると文字列が現れます。

例えば
http://maps.google.co.jp/maps?client=firefox-a&hl=ja&ie=UTF8&ll=34.841774,138.762093&spn=0.002149,0.003449&z=18&brcurrent=3,0x6019f1516b1e137b:0x536d1be6ad51e5b3,1

この文字列の中で「34.841774,138.762093」をgoogleマップの検索画面にコピー&ペーストし、「地図を検索」ボタンを押せばピンが立ちます。

ここで
「34.841774,138.762093 (ここです)」と入力すると、ピンをクリックすると「ここです」が表示されます。
ちなみに数字の後は、半角スペースと半角括弧で括ります。

ピンさえ立てば後はナビに送信すれば行き先完了です。

nuviの場合は、事前に行きたい場所を指定するスタイルなので、この方法で指定すれば簡単に行きたい場所にナビゲートしてくれます!!

posted by bourbon at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

GPSトラックログのGoogle Maps/Earth活用ツール・・・轍

最近購入したガーミンのヌビ205のメモリナビで色々と遊んでいます。

「轍」は、nuvi205でトラックログが記録されたトラックログを活用してGoogle Mapsや、Google Earthに軌跡を描いたり、データの解析ができるソフトウェアです。

また、ダウンロードして解凍すれば直ぐに使えるのでレジストリを汚しませんし、USBメモリに入れて持ち運びが可能です。

使い方は簡単で、起動した「轍」の「トラック」のタブの箇所にヌビ205の「Current.gpx」ファイルを入れて、「マップレビュー」のボタンを押せば自分が辿った足跡がマップ上で確認できます。
この「Current.gpx」ファイルは「F:\Garmin\GPX」のフォルダにあります。

注意点としては「ウェイポイント」に海外の場所があると最初から世界地図レベルで地図が表示されますので、「ウェイポイント」は必要な場所だけ残せば直ぐに自分の軌跡がマップで表示されます。

ブラウザのタブで軌跡が表示されますが、この状態をファイルとして保管します。
この方法も簡単で、エクスポートの機能を使います。「html」として保管すれば、自分の軌跡の他に、トラックデータの解析結果が表示されます。
その他、Google Earthに軌跡を表示させるファイル形式でのエキスポート等もできます。

詳細の使い方はここをクリックして下さい。作者のリンク先が開きます。

posted by bourbon at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

xpsファイルを簡単にpdfに変換

私の1台のパソコンにはAbobe Acrobatがインストールされています。
他のパソコンは高いアプリケーションなので予算の都合でAcrobatのインストールはできません。

なので、欲しいページ等はxpsでファイル化をしています。
先日、何気なくxpsファイルを右クリックしてみました。

当然メニューが表示されますが、その中に「Adobe pdfに変換」の項目があります。
変換してみると簡単にxpsファイルがpdfファイルに変換されました。

PDFに変換メニュー.jpg


凄く便利です。

いつもはxpfファイルを一々Acrobatで開いてからpdfに変換していました。
凄く簡単なので、pdf変換の時間短縮ができそうです。

posted by bourbon at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

携帯サイトがパソコンで読める・・・ユーザーエージェント

ブラウザのFirefoxにはユーザーエージェントのプラグインがあります。

ユーザーエージェントとは、ブラウザの判別や携帯の機種判別に利用するためのもので、パソコンでも携帯のユーザーエージェントを入れれば携帯サイトがそのまま見ることができます。

S21HTで携帯サイトを見ようと思いましたが上手く行かず、勉強のためにググッていたらFirefox用のユーザーエージェントのプラグインを見つけました。

「firefox」-「ユーザーエージェント」のワードで検索すれば直ぐに見つかると思います。
ここにサイトのリンクを張っておきます。

<設定>
インストールが完了すると、「ツール」-「Default User Agent」-「Edit User Agents...」を選んで設定します。
menu.jpg

「New」のボタンを選んで名前とユーザーエージェントを入力します。
インストールすると「i phone 3G」は既にできています。「i mode」と「au」は私が作成したユーザーエージェントです。
gamen.jpg

gamen2.jpg

「Description」には自分で判別できる名前を入れ、「User Agent」には探してきたユーザーエージェントを入れます。
ちなみに私の場合は、「KDDI-MA34 UP.Browser/6.2.0.7.3.129 (GUI) MMP/2.0」を入れました。
gamen3.jpg

<使い方>
自分で作成したユーザーエージェントを選択するだけです。
auのサイトにユーザーエージェントの技術情報がありました。ここをクリックして確認して見てください。
gamen4.jpg

以下の様に携帯サイトが確認できると思います。
google_gamen.jpg

自分で作ったブログが携帯ではどの様に見えるか簡単に確認ができます。

posted by bourbon at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

GIMPで四角形や円を書く方法

GIMPを画像ファイルの加工に使っていますが、イマイチ四角形の描き方が判りませんでした。

ネットで検索して簡単に四角形を書く方法が判ったのでメモします。

四角形を書く場合は、範囲指定をする四角形を選び、「短形選択」で四角で囲む範囲を指定します。
その後右クリックで、「編集」-「選択範囲の境界線を描画」を選ぶと、「ストロークスタイルの選択」画面が表示されます。

その画面で、線の幅や色を選んでから「ストローク」ボタンを押すと選択した範囲に四角形が描けます。

同じ事を「楕円選択」や「自由選択」から行えば円や楕円が描けます。

posted by bourbon at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

Wise Disk Cleaner Freeを使ってみました

「Wise Registry Cleaner Free」がアップデートされたので、サイトにダウンロードしに行きましたが、同じ箇所に「Wise Disk Cleaner Free」があったので使用してみました。

ポータブル版もありますし、日本語表示もできます。

<できること>
・不要なファイルを探し出して削除することができるのでディスク容量の肥大化防止
・デフラグ(windowsのデフラグとは異なります)

<ダウンロード>
ダウンロードはここのサイトからダウンロードできます。

なおポータブル版は少し判りにくいですが「Portable Version」と記載された箇所をクリックすればダウンロードできます。

SiteFig.jpg

<インストール>
「Portable Version」の場合は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすれば解凍されますので、好みの場所にフォルダーを保管し、「WiseDiskCleaner.exe」をダブルクリックすれば起動します。
通常バージョンの場合は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすればインストールが始まりますので、指示に従えば問題なくインストールできると思います。

<日本語化>
「Wise Disk Cleaner Free」を起動させ:
「Options」-「Default Language:」をプルダウンメニューで「Japanese」を選択し「OKボタン」を押せば即時に反映されます。

不要ファイル掃除機は色々なフリーソフトがありますので、デフラグの効果を狙って、このソフトを使用しても良いかもしれません。

posted by bourbon at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

FirefoxでのRealPlayerダウンロード機能が使えない

RealPlayerのアップデートを行ったところ、FirefoxでFLVファイル(動画)のダウンロードができなくなりました。
ところがieだとダウンロードができます。

Firefox側に不具合があると考え、色々と解消方法を探していました。
Firefoxのサイトでも解消法が掲載されていましたが、解消できません。

結局、FirefoxとRealPlayerを一旦アンインストールして、Firefox、RealPlayerの順番でインストールしないして解消できました。

もしかしたらRealPlayerのアンインストールと再インストールでも解消できるかもしれません。

色々と解消方法を探していましたが、RealPlayerはieへのマッチングを最優先して開発されているらしく、Firefoxや他のブラウザーだと、稀に不具合が発生するようです。
ちなみに、不具合が発生していたときにFirefoxでietabのアドオンを使用してもダウンロードはできませんでした・・・。

<症状>
・FirefoxでFLVファイルがダウンロードできない
・Firefoxでietabを使用してもFLVファイルはダウンロードできない
・ieだとFLVファイルがダウンロードできる

<解消法>
RealPlayerの再インストール
(私の場合はFirefoxも再インストールしました)

今まで通りにFirefoxでFLVファイルがダウンロードできるのは嬉しいです。

posted by bourbon at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

「xps」ファイルは専用ビューアーが一番!!

先日から凝っている「xps」ファイルの続編です。

「XPS Documewnt Writer」はXPでもSP3にアップグレードすると一緒にインストールされているプリンタなのが判りました。

今、自作PCにはvistaがインストールしていますので、初めから「XPS Documewnt Writer」がインストールされています。

vistaでXPSファイルを開くアプリケーションはie(インターネットエクスプローラー)ですが、開くのに凄く時間がかかります。

おまけにFirefoxだと開けません。
プラグインのie tabでも「xps」ファイルは開けません。

探してみるとしっかりmicrosoftのサイトにvista用のビューアーが用意されていました。

ビューアーで開くと早いです。

これならXP以降のwindowsOSなら早く「xps」ファイルが開けます。

後はLinuxで開けるかの確認をしたいと思います。

posted by bourbon at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

「xps」ファイルはアクロバットで開ける

windows XPの場合は「Microsoft XML Paper Specification Essentials Pack」をインストールすれば「xps」ファイルが扱えます。

この「xps」ファイルはアクロバットで開けることが判りました。

方法は簡単で開きたい「xps」ファイルを右クリックして「プログラムから開く」からアクロバットを選択すれば開きます。

ちなみに、拡張子変更(「.xps」を「.pdf」に変更)ではアクロバットで開くことができませんでした。

それにしても「xps」ファイルは良くできているのにビックリです。
windowsでの標準装備なので。今後、「xps」ファイルは広く使われるようになるかもしれません。

posted by bourbon at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

pdfの様に扱えるxpsファイル

既にxpsはwindows vistaから搭載されている機能です。

この機能はファイルを印刷するときに選べるpdfと同じようなことができます。

windows vistaからの機能ですが、windows XPでも、無償の2つのアプリケーションをインストールすれば印刷先に「xps」ファイルが選べます。

<インストール>
(1) microsoftのサイトからMSXMLのアプリケーション(msxml6.msi)をダウンロードします。
  ここをクリックすれば直接サイトが開けます。

(2) ダウンロードしたアプリケーション(msxml6.msi)をダブルクリックしてインストールします。

(3) microsoftのサイトから「Microsoft XML Paper Specification Essentials Pack」(XPSEP XP and Server 2003 32 bit.msi)をダウンロードします。

(4) ダウンロードしたアプリケーション(XPSEP XP and Server 2003 32 bit.msi)をダブルクリックしてインストールします。

この作業が終了すると、「XPS Document Writer」とビューアーがインストールされます。

※注意:「msxml6.msi」を先にインストールしてから「XPSEP XP and Server 2003 32 bit.msi」をインストールしないと上手く作動しませんでした。

<使用方法>
印刷するときに表示される「プリンタ名」に「Microsoft XPS Document Writer」がありますので、それを選べば「xps」ファイルが生成されます。

「xps」ファイルはwindows vistaやwindows 7では、ieで開くことができます。

残念なのはページ単位での追加や削除ができないことです。

posted by bourbon at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

ポータブル版のレジストリークリーナ

フリーのレジストリークリーナのソフトを使っていましたが、パソコンをOSから新規インストールしましたので再度インストールしようと思って探したらポータブル版を見つけました。

このソフトは肥大化したレジストリーの中から不必要なものを削除することができるソフトです。

特に知識がなくてもスキャンした後では安全に削除できるレジストリーが選択されているので、そのまま操作すればキレイ・スッキリになる優れものです。

ところがこの手のソフトウェアはインストールしていても通常は使用しないので邪魔な存在になります。

ポータブル版は解凍して、そのままアプリケーションを起動すれば使用できるのでUSBなどに入れて持ち運べば複数のパソコンで使用ができます。

詳細はここをクリックして下さい。
ダウンロードサイトは英語ですが、日本語環境のOSでは日本表示となります。

有償版もありますので注意が必要です。

「Free」と「Portable Version」の文字を目安にして選択すれば良いので、簡単にダウンロードができると思います。
posted by bourbon at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

バックアップソフトで「無効なハンドル」でコピーできない・・・Attributer

私はフリーソフトの「Backup」というソフトを使用しています。
興味がある方はここをクリックして確認して下さい。

先日、ファイルサーバーの再構築をしてバックアップを行いましたが凄い数のエラーが出ました。

エラーメッセージは「無効なハンドルです」と表示しています。

よくよく考えてみたら、バックアップ時にこの「無効なハンドル」の表示がでたファイルはプロパティーで「ブロックの解除」を行ってから再度バックアップしていました。

今回、大量の「無効なハンドル」のファイルがあるので手動では「ブロックの解除」ができません。

そこで色々とググッてみたら、ドライブのフォーマットがNTFSで発生し、ダウンロードしたファイルかどうかを判別するため「ゾーンID」がファイルに付加されているので発生する事象と言うことが判りました。

なのでドライブのフォーマットをFAT32に変更しようと思いましたが、4GBをこえるファイルが扱えませんのでコピーができません。

また読み書きの速度が凄く遅いので嫌になります。

そこで「Attributer」というフリーソフトを見つけましたので早速インストールしました。
ここで詳細が判ります。

このソフトではドライブに存在するファイルを一括で「ゾーンID」を削除することができます。

このソフトはフォルダーやファイルのプロパティーに「属性」というタブで操作ができます。

このタブで「属性」を確認し、「フォルダー用オプション」を適切にチェックをいれると、「ファイル用オプション」で「ゾーン情報を削除する」場所にチェックができるようになります。

「ゾーン情報を削除する」場所にチェックした後で「OK」ボタンを押すと見事に「ゾーンID」が削除され、無事にバックアップができるようになりました。

嬉しいフリーソフトに感謝です!
posted by bourbon at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

Skype旧バージョンのダウンロード

Skypeはチャットのアプリケーションです。

いつもUSBに入れて使用していますが、最新版をインストールしました。

やっぱりと言うか当たり前と言うか、バージョン4からは「Skype me!」モードが本当に使えないのですね。

それじゃつまらないので、あせって旧バージョンを探しました。

3.8バージョンなら「Skype me!」モードが使えます。

ここをクリックすると旧バージョンのSkypeがダウンロードできます。

自分が使用していたバージョンも3.8でしたが、今回、3.8の最終バージョンになったので結果は良かったって事かもしれません。
posted by bourbon at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

DivXのインストール

DivXはDVD画像を見るときに必要なコーディックです。

デフォルト状態でインストールすると不要なソフトが一緒にインストールされます。

でインストールするときに「Div X Codec」のみをインストールすれば大丈夫です。

DivX.JPG

その後Google chomeというWebブラウザーは好みに応じて選択して下さい。
posted by bourbon at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

携帯電話管理ソフトの必要性

今までは、携帯の管理ソフトを使用してアドレスやメールの管理をしていました。

ところが携帯メールの管理はMicroSDカードからパソコンのソフトで管理できるようになりましたし、アドレスの移行は赤外線で出来そうです。

特にアドレスの移行は全ての携帯機種で確認した訳ではないのですが、携帯のキャリアが変わっても赤外線でアドレスの移動が出来なかった場合に、携帯電話の管理ソフトを購入すれば良いと思います。

通常、同じキャリアだったら専用のソフトが無償で提供されていますが、機種変の時にアドレスの移行はしてもらえますしね。

S21HTのEmnetメールが管理できるソフトが発売されれば購入してみようと思います。
posted by bourbon at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

バックアップでデータを消失

ソフトウェアーレイドの様な感じでバックアップを取っています。
使用するソフトは「Backup」と言うフリーソフトです。

オプションで「バックアップ元にないファイル(フォルダ)はバックアップ先から削除」のオプションにチェックすれば全く同じ状態でバックアップが取れます。
結構使いやすいソフトです。

興味が有る方はここをクリックして下さい。

パソコンのデータをこのソフトウェアを使用してUSBハードディスクにバックアップを取っていました。
ところが、古いデータはUSBだけに保管しようと思ったので、パソコンからはオリジナルのファイルを削除しました。

その後、バックアップを実施・・・。

もうお気づきですね。
パソコンのデータはバックアップ元になりますので、バックアップを実施したときにUSBハードディスクからも削除されてしまいました。

データ復元のソフトを所有していますので復元しようとしましたが、1ファイルが4GBの容量があるのと、削除した後に「デグラグ」をしたので元に書き込んだデータが上書きされた可能性が高く復旧できませんでした・・・。

消去したファイルは4GBクラスで4ファイルありました・・・。

情けない初歩的なミスです。
posted by bourbon at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

Windowsファイヤーウォール

今までは「ZoneAlarm」と言うフリーソフトを使用していましたが、貧スペックのパソコンでは動作が遅くなる気がしていたので使用を中止してみました。

「ZoneAlarm」だと新しいソフトが外部にアクセスする場合とか結構頻繁に許可確認のメッセージがでますが、Windows純正のファイヤーウォールだと殆どメッセージを見ませんでした。

先日、スカイプを起動したときに初めてメッセージが出て、作動していることを確認しました。
しっかり作動している感じです。

「ZoneAlarm」よりはセキュリティーが甘い気ががしますが、ルーターを介して外部に接続しているのでWindows純正でも良いかなと思っています。
posted by bourbon at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。